松阪ファームHOME > お知らせ >コッブバントレス社内誌

2020年までに飼料要求率が42日令で1.50に

コッブバントレス アジアセールス部長 コッブ 遺伝学者ジョンハーディマン(写真中央、左はゴッセ・ベニンガ、右はレイチェル・ハウケン)は、ドイツベルリンで行われたフランチャイズ ディストリビューターの会合にて、その日集まった60人以上ものヨーロッパ、中東、アフリカの各国の代表者に次のように話された。

この4年間コッブは研究開発に1億ドル(約80億円)投資している。今後、テネシーで建設中の原原種鶏施設、研究拡大プロジェクト、そしてイギリス、オランダの原種鶏農場が更なる投資を加速させていくだろう。

また、2020年までの育種改良目標は飼料要求率が42日令で1.50になるように設定した。さらに同年2020年までにト体歩留まり(頭、脚、羽、血を除く)は78%、そのうち胸肉は26%へと改良する。

加えて、ハーディマン博士は、バイオテクノロジーへの投資、遺伝子学の進歩、産学共同開発の成果である育成率、強健性、アルマルウェルフェアに関わる形質の改良について強調された。またコッブは1978年から超音波テクノロジーをセレクションで使った業界の第一人者であり、そして今後も育種精度を高め、成長速度を増しながら新しい革新的なテクノロジーを追い求めていくと述べた。

cobb focus FOUR2011 原文

Cobb sets breeding targets for 2020
Cobb investment in research and development exceeds $100 million in the past four years, the company’s chief scientific officer John Hardiman (pictured with Gosse Veninga,left,and Rachel Hawken) told a seminar of franchise distributors at Berlin,Germany. He said the pace of investment was accelerating with the new complex under construction in Tennesse and projects to expand research and grandparent production facilities in the UK and the Netherlands. More than 60 delegates from distributors in Europe, the Middle East and Africa heard about the ongoing progress in improving feed conversion with a target of 1.50 by 2020, and in meat yield heading towards 78 per cent and breast meat yield towards 26 per cent by this date.Dr Hardiman spoke equally about the emphasis placed on livability, robust health and welfare traits assisted by investing in biotechnology, advances in genomics and joint research projects with universities and other organizations.He said that Cobb had been the first to use ultrasound technology in helping to make selections--- and was now looking to exciting new technology to increase the accuracy of breeding and make faster progress in particular traits

先頭へ戻る