松阪ファームHOME>会社案内>社長あいさつ

社長あいさつ

肉用専用種コッブ種の生産販売を通して、日本のブロイラー業界に貢献致します。

松阪ファーム全景松阪ファームは1967年(昭和42年)創立して以来45年以上に亘り、日本のブロイラー産業の基幹に関わる原種鶏農場を運営しております。 私共は米国で育種改良された肉用専用種のコッブ種の生産・販売を通じて、日本のブロイラー業界に貢献することを経営理念として事業を継続しております。

日本国産の鶏肉(ブロイラー)の基を生産しています。

コッブ種私共の原種鶏の会社は、日頃皆様方が食しています日本国産の鶏肉(ブロイラー)の基を生産している会社でございます。 基になる雛を米国又は英国から輸入しそれを育て産卵させ雛にして日本全国に供給しております。




スーパーマーケットの鶏肉は私たちの孫鶏になります
松阪ファームの位置

全国に供給された雛は、それぞれの会社で更に雛から育て産卵させ、それから出る雛を育てた鶏が皆様方の食しているブロイラーであります。人間で言うならばお爺さん・お婆さんの代が私共の会社でございます。 このような裾野の広い産業構造のピラミッドの上部を担っている責任のある会社であり、 日本の食生活に貢献していると自負し、又社員一同は常日頃より技術革新を求め探究心を もって仕事に従事しております。

日本の食生活に貢献すべく、コッブ種提供に尽力いたします。

ブロイラーは非常に飼料効率が良く、安く・安全・安心である高タンパク、低カロリーの動物タンパクであります。 今後とも、松阪ファームは日本の食生活に貢献すべく社員一同、努力して参りますので 松阪ファーム及びコッブ種に対して格別のご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社 松阪ファーム 代表取締役 森腰 俊亨

 

先頭へ戻る