松阪ファームHOME > 日本コッブ会 >技術部会〜平成21年7月8日

日本コッブ会

平成21年度第1回 日本コッブ会技術部会

日本コッブ会技術部会で挨拶する岡本技術広報委員会

平成21年7月8日名古屋市の名鉄ニューグランドホテルにて、「日本コッブ会技術部会」を開催致しました。全国からブロイラー関係者らが約180人ご参加頂きました。心より御礼申し上げます。

冒頭で、「ニューラインのコッブMXは、一昨年から日本で飼育試験をしてきた結果、ブロイラーの増体性に目を見張るものがある。特に冬場を通り越し、改善点も見えてきた。コッブMXは間違いなく農場の生産性に役立つものと確信しており、是非挑戦してほしい」と技術広報委員長の岡本一氏(株式会社一宮家禽孵卵場専務取締役 )より力強いお言葉を頂きました。

コッブバントレス社報告

(ブロイラーの飼育管理について)
雛のスタートと初期の換気管理の重要性
雛のスタートと初期の換気管理の重要性

ヨーロッパでのMXのデータや、雛のスタート時の5つの基本点(採食、温度、換気、水、光線)、点灯プログラム

ブロイラースペシャリスト〜アンドリュー・ボーン氏 (2009.7 国際技術サポート)

(種鶏飼育管理について)

種鶏飼育管理について
雄の性能を最大限に発揮させるための育成、配雄、給餌

アジア担当技術サービス部長 チャールズ・カルパート氏 (2009.7 国際技術サポート)

詳しくは松阪ファームへお問い合わせください。0598-38-7330
日本コッブ会

先頭へ戻る