松阪ファームHOME > ブロイラーマニュアル >T.はじめに

COBB500ブロイラーマニュアル

T.はじめに

コッブ・バントレス社は、2001年にエイビアン社を傘下に入れた時から従来のコッブ種とエイビアン種との系統間の交配を続けてまいりました。 その結果、それぞれの特徴によって世界各地域のニーズに適した種鶏を供給しております。

弊社も2007年より通称CobbMxと言われています種鶏(雌系統はコッブ種、雄系統はエイビアン種)導入しそれから生産されたブロイラー雛を野外試験した結果、ブロイラー性能は初期からの増体能力に優れ、且つ強健性も改善され処理場での正肉歩留まりも向上しております。

最近の育種改良の進歩は著しく改善されており、特に増体能力は毎年日増で1gの改良がなされています。 その反面、飼育管理面で対応が遅れ勝ちになる傾向があります。 特にブロイラー飼育管理は、季節変動、鶏舎構造の違いや収容密度の違いにより性能が大きく左右されます。 今回のブロイラーマニュアルの変更は、基本的な部分の改訂となっております。 特に、換羽時期の温度管理指標を改定しております。 本マニュアルが農場生産性の更なる向上の一助にして頂ければ幸いです。

cobb500ブロイラーマニュアル

先頭へ戻る